【レビュー】神崎正哉『初心者特急 パート1・2』の内容・レビュー・おすすめの勉強法

神崎正哉・Daniel Warriner 『初心者特急 パート1・2』

タイトル TOEIC L&R TEST 初心者特急 パート1・2
著者 神崎正哉・Daniel Warriner
発売日 2017年12月
ジャンル TOEIC リスニング Part1・2
収録内容 Part1・2解法解説・練習問題
レベル 初心者向け

 

 

『初心者特急 パート1・2』レイアウト

問題パートはある意味「いつもの特急シリーズ」と言う感じですが、本書は前置詞や時制などの文法関連の説明にイラストを使っており、イメージが理解しやすくていいと思います。

 

『初心者特急 パート1・2』レビュー

久しぶりにTOEICの勉強をやるということでちょうどタイミングよく「初心者特急」シリーズが出揃ったので、今回はパート1・2を演習してみました。

この2つのパート、特にパート1はある意味習うより慣れろ的な部分が多く、解法の解説というのは本にするのは難しいイメージがあるのですが、初心者にわかりやすい形でそれをうまく示していると思います。

パート1、パート2ともに本試験で回答が割れないような簡単な問題の典型パターンになっており、本書の解説を理解していればパート1なら8割、パート2も7割程度の問題は余裕になりそうです。

(個人的にはL満点を目指すにはそれくらいの実力になったところで追加教材として『究極のゼミ2&1』をやるのがおすすめ。)

 

『初心者特急 パート1・2』ネット上の評判

 

『初心者特急 パート1・2』のおすすめの勉強法

解説パートがとても重要で、これを参考書としてわからないところは無いくらいにしておくと良いでしょう。

問題演習は本書だけでは不足するので、公式問題集や、リスニングプラクティスなどの公式系の本を筆頭に演習し、わからないフレーズを本書の解説パートで調べるという形がおすすめ。

他にも「金のフレーズ」「銀のフレーズ」の付録であるパート1頻出フレーズなどを併用してもいいと思います。

解説部分は初心者向けとして素晴らしいですが、いかんせん本書だけでは演習が不足するので、最低でも公式問題集はやりましょう。

 

神崎正哉『初心者特急 パート1・2』

821円
7.3

難易度

5.0/10

頻出度

10.0/10

ボリューム

5.0/10

価格

8.0/10

総合

8.5/10

Pros

  • 初心者必修の頻出パターン
  • Part1の解説が詳しい
  • フレーズ集のように使える

Cons

  • 演習量は少なめ